【ネスカフェドルチェグスト】私が選ぶ!カプセル美味しさランキング!

 

このたびネスカフェドルチェグストのフレーバー全19種類をコンプリートした私。せっかくなので今度は【カプセルフレーバー美味しさランキング】なるものを作ってみました。100%独断と偏見によるものですが、美味しさはもちろん、軽いか重いか、アレンジの幅があるかどうか、万人ウケかマニアウケかなどなど、ありとあらゆる角度から比べています。

 

うれしい悲鳴ではありますが、ドルチェグストはとにかくフレーバーの種類がたくさん!パッケージに載っている説明を読むだけじゃ、あんまりイメージつかめませんよね。そんなあなたに、試飲する感覚で読んでいただけたら嬉しいです。

 

「フレーバー 総合ランキングトップ3」「フレーバーカテゴリ別ランキング」の2パターンでランク付けしています。それでは、どうぞ!

 

ネスカフェドルチェグストを無料でもらう

 

【ネスカフェドルチェグスト】全19種類フレーバー総合ランキング TOP3

リッチブレンド

 

選考理由

ネスカフェドルチェグストのフレーバーで、美味しさグランプリは・・・リッチブレンドです!

 

唯一無二の味わいで、堂々1位です。こちらかローストブレンドかで、かなり悩みましたが、最後はリッチブレンドのこの軽やかさが決め手となりました。コーヒーらしい苦味はしっかりありつつ、軽やかでもありという、レア感推しです。強い苦さのコーヒー=どっしり重厚な味わいという先入観を見事ひっくり返されました!

 

完全に私の好みですが、それでもリッチブレンドなら、幅広い層から「あれ?苦いけどスッキリしてる…!」と喜んでもらえそうです。1日2杯飲んでも重たくないってレアですよね。日々飲むコーヒーに指名買いしてます。

ローストブレンド

 

選考理由

惜しくも1位は逃しましたが…2位、ローストブレンド(ルンゴインテンソ)です!

 

正直1位と2位はもう僅差です。好みの話になってくるので、どちらが1位でもおかしくないのですが、リッチブレンドの軽さはアメリカン派やコーヒーが苦手な人も取りこめるかと思い・・・。どっしりした苦味?どんとこーい!という根っからのコーヒー党にはローストブレンドの方が深く愛されそうです。

 

香ばしさでは1等賞で、深い焙煎の賜物である、ほろ苦さもしっかり出ています。昔ながらのシックな専門店で出てくるような、コクのあるコーヒーがこちらですね。

ティーラテ

 

選考理由

3位は、コーヒー以外から…ティーラテです!

 

コーヒー以外のフレーバーでは1位ということになりますね。”コーヒー”マシンなのに大健闘です。美味しいコーヒーをおうちで簡単に淹れられたら…との想いで買ったドルチェグストでしたがティーラテや抹茶など他のフレーバも大充実で、楽しみ方の多さに驚かされます。

 

紅茶も、ちゃんとしたものを淹れようとすると、茶葉を選び、湯を95℃に整え・・・と、ミルを挽くコーヒーほどでないにしろ結構面倒なもの。そんなひとつひとつの手順をちゃんと踏んだような美味しい紅茶が、マシンで簡単に入るなんて!という喜びが3位につながりました。

 

ティーラテは甘さも絶妙なので、これ以上何もしなくてもいいのも嬉しいですね。コーヒー派から紅茶派に転向する方も出そうなぐらいのクオリティです。

 

【ネスカフェドルチェグストカプセル】フレーバーカテゴリ別ランキング!

ネスカフェドルチェグストの公式サイトでは、

 

  • マグサイズ
  • こだわりブラック
  • バラエティ

 

という形でカプセルのカテゴリが分けられます。ここでは、この3つのカテゴリー別にランキングを作ってみました。

 

マグサイズは、フレーバーの味自体は通常サイズのものと変わりませんが、200mlぐらいのマグカップで飲む用に作られたカプセルです。カップで飲みきる時と、大きなマグで長く飲み続ける時では似合うコーヒーはまた変わってきますよね。

 

ブラックは、ミルクなどのアレンジを一切加えず、ストレートで飲む時で判断したもので、ごまかしのきかないガチなランキングになります。

 

バラエティは、抹茶やチョコチーノ、ラテ系がここに入ります。これも総合ランキングの順位だと低くなるけど、バラエティ部門に限ったらもっと脚光浴びるのに!という、私の親心に似た想いからランク付けしてみました。

 

それでは、カテゴリ別のランキングを発表していきます!

 

【ネスカフェドルチェグストカプセル】「マグサイズ」ランキング(全5種類)

リッチブレンド

 

選考理由

第1位は…またもやリッチブレンドです!

 

全19種類の中で頂点に輝いたリッチブレンドは、マグサイズでももちろん美味しい!当然の帰結ですが・・・マグサイズでも飲み疲れないのがリッチブレンドの最大の特長といえます。フレーバーごとの感想で、リッチブレンドは「重々しくないのがいい」と書きましたが、それがマグになると一層実感できると思います。

 

パソコンの横にマグを置き、キーボード叩きの合間に一口、二口…そんなシーンでも飽きずに味わえます。

カフェオレ(カフェインレス)

 

選考理由

第2位に飛びこんできたのは…カフェオレ(カフェインレス)です!

 

マグでは、知らず知らずのうちにカロリーもたくさん摂ってしまいますよね。そんな中で、カフェオレ(カフェインレス)はノンカフェイン、甘さも控えめということで、そのヘルシーさが高い評価につながりました。味そのものもコーヒーが薄めで、まろやかな味わいなので、ススっと最後まで飲み干せそうです。

カフェオレ

 

選考理由

第3位は、第3位も?・・・カフェオレです!

 

どんだけカフェオレ推しなのかと思われそうですが…(笑) マグサイズでは、重たいブラックだと徐々にきつくなってくるので、どうしてもミルク入りや加糖のものを選びがちです。そんな中でカフェオレを選ぶ人は多いはず。さらに、ブラックもきついけど、甘ったるいものを大量に飲むのもしんどい…そんなワガママにもこのカフェオレなら応えてくれそうです。

 

2位と3位の違いは、カフェインが入っているかどうかだけなのですが、仕事中とか仕事中とか・・・色々捗らせてくれるカフェインを積極的に摂っていきたい時もありますよね。そんな時にはこちらで癒しだけでなく気合も入れてみてはいかがでしょうか。

モカブレンド

 

選考理由

第4位は、モカブレンドです!

 

こちらもマグでたっぷり飲む方、1日に2、3杯はコーヒーを飲む方に合う、さっぱりフレーバーです。どちらかといえば苦味よりも酸味が主張するので、爽やかに飲み終えられるかと思います。ブラックではありますが全体的にフルーティで薄めなので、たくさん飲んでもあまり胃にこないところがマグ向きです。

オリジナルブレンド

 

選考理由

第5位は・・・オリジナルブレンドです!

 

フレーバーごとの感想では、オリジナルブレンドは小さくまとまっていて印象が薄いなどとぶっちゃけて書いていますが、マグサイズになるとその短所が長所へと早変わり!全体的に淡いので、アメリカンの感覚でイケるコーヒーです。元々酸味や苦味のバランスはいいので、2杯目、3杯目ぐらいになってくると、その良さにも気づきます。

 

【ネスカフェドルチェグストカプセル】「こだわりブラック」ランキング(全5種類)

ローストブレンド(ルンゴインテンソ)

 

選考理由

こだわりブラック、栄えある第1位は・・・ローストブレンド(ルンゴインテンソ)です!

 

コーヒーの中のコーヒーといえばローストブレンド。この重みから、ブラックの王様とでも呼びたい風格があります。いつも私はリッチブレンドと比べて書いてしまいますが、飲み慣れたコーヒー党には、私も迷わずこちらを出すと思います。

 

1日に1杯で充分な存在感ですが、こちらはまず、時間をかけて香りを嗅ぎ、一口一口を味わいながら丁寧に飲んでいきたいコーヒーです。

レギュラーブレンドカフェインレス

 

選考理由

こだわりブラック第2位は、レギュラーブレンドカフェインレスです!

 

リッチブレンドの魅力は語り尽くしてしまったので、それ以外での選考になりましたが、こちらもノンカフェインというのがポイントを稼ぎました。ノンカフェインというと、ちょっと色々抜けてしまったような、ぼやけた味のものも多いのですが、こちらは通常のレギュラーブレンドとの差をほとんど感じません。舌の上で、酸味も苦味どちらも拮抗する、バランスのいいコーヒーです。

レギュラーブレンド(ルンゴ)

 

選考理由

こだわりブラック第3位は、レギュラーブレンド(ルンゴ)です!

 

第2位と第3位の違いは、これもカフェイン有りかどうかだけなんですが…。もしブレンドでどれにするか迷ったら、とりあえずレギュラーブレンドだけをゲットしてノンカフェインを夜、こちらは昼と使い分けてもよさそうです

 

リッチブレンドは驚きを、ローストブレンドは重みをくれますが、こちらは正統派なので、誰が飲んでも間違いないだろうという安心感をくれます。

エスプレッソ インテンソ

 

選考理由

こだわりブラックの第4位は、エスプレッソ インテンソです!

 

豆のもつ力強さに圧倒されます。私はこうまで強いと、エスプレッソカップよりももっと少量でおなかいっぱいになりそうなので、この力強さは、できればカフェラテやカフェオレとして活かしたいのですが…。ただ、エスプレッソ自体は私には強すぎるだけで、元々のエスプレッソ好きには満足できる仕上がりだと思います。

 

バールでイタリアの陽気なおじさんたちがクイッと飲むイメージそのもの。香りも高く、深い余韻を残します。

アイスコーヒーブレンド

 

選考理由

こだわりブラック第5位は、アイスコーヒーブレンドです!

 

もちろん、うまく淹れられたら…という大前提です。湯と氷を操って、こちらの思惑通りに淹れられたら、やっぱりスッキリしていて美味しいんですよね。アイスコーヒー共通の課題は、いかに豆の風味を薄めすぎずに保てるかだと思うのですが、こちらはポテンシャルはあると思います。あとは、淹れ方次第。

【ネスカフェドルチェグストカプセル】「バラエティ」ランキング(全8種類)

ティーラテ

 

選考理由

バラエティフレーバーの第1位は、ティーラテです!

 

茶葉の清涼感とミルクの優しさのコンビネーションで、見事1位獲得です。缶やペットボトルのミルクティーよりも甘さが控えめなのも嬉しいですね。個人的な要望ですが、ティーはいつかストレートやレモンのフレーバーも出してほしいです。絶対美味しいはず!

カプチーノ

 

選考理由

バラエティフレーバー第2位は、カプチーノです!

 

マシンがなかったら出会えなかった泡。ふわっふわの泡というだけでうれしくなってしまいます。コーヒーの酸味や苦味もこの泡にくるまれてしまい、コーヒーを味わうためのコーヒーではありませんが、ほっこりと幸せな味わいです。

 

私自身、甘すぎないものが好きなので、どうしても甘さ控えめなティーラテやカプチーノの点が高くなりますが、甘党の方にも砂糖を加えたり、メープルシロップやシナモンを足したりとカスタマイズできる喜びがあると思います。

チョコチーノ

 

選考理由

バラエティフレーバーの第3位は、チョコチーノです!

 

どうもココアとしか思えないのですが、洋菓子屋から漂うような香りと喉元に染みこんでいく甘さに癒されます…。疲労時に脳が欲する甘さといえば、こちら。かといって練って作る本格ココアほど重たくもないので、冬場以外でも飲みたくなります。

ラテマキアート

 

選考理由

バラエティ フレーバー第4位は、ラテマキアートです!

 

泡立ちの豊かさでいえばカプチーノ、デザート代わりに飲める甘みでいえばチョコチーノがあるので、やや半端な印象になってしまうのが否めないラテマキアート。ただし、こちらはカプチーノよりもさらにアレンジの幅が広いので、アレンジ次第では上位を狙えると思います。

アイスカプチーノ

 

選考理由

バラエティ フレーバー第5位は、アイスカプチーノです!こちらもアイスコーヒーほどではありませんが、ちょっと淹れ方にコツがあります。

 

エスプレッソが活きた、パワフルなアイスカプチーノなので、後は薄くならないように淹れられれば、カフェで出るようなクオリティになります。こちらはブラックではないのですがミルクや糖分が入る割に99カロリーと低めなのもあって、この順位です。

 

余談ですが、1年ごとに熱帯に近づいていくような暑い日本では、こちらも4月下旬から10月下旬ぐらいまでは普通に飲めてしまうので、期間限定発売じゃなくてもいいのにとも思います。

宇治抹茶ラテ

 

選考理由

バラエティカプセルの第6位は、宇治抹茶ラテです!

 

どちらかといえば、私は抹茶のカプセルの方にミルクを足したいので6位となりましたが、抹茶だけでは苦くて無理だけどラテなら…という方には好まれそうです。抹茶よりもミルクの味の方を強く感じるので、これでいいという方と物足りないという方両方いそうですね。

ソイラテ

 

選考理由

バラエティフレーバー第7位は、ソイラテです!

 

ソイ自体には大豆っぽさがよく出ているのですが、それが逆にコーヒーの味わいを押しやってしまっているのか、全体的にはぼんやりした印象も受けます。コーヒーを足すのもなんなので、これはこれとして、黒蜜やオレンジピールなどを足していくのがいいと思います。いろんなアレンジを受けとめてくれそうな器の大きさはあります。

宇治抹茶

 

選考理由

バラエティ部門第8位は…宇治抹茶です!

 

抹茶マニアな私としては、これは最下位というより、今後への期待もこめてランク圏外、番外編のような想いでここに置きました。なんといっても表面に浮かぶキメの細かい泡やしっかり出た苦味など、再現度はかなり高いです。粉末で作るグリーンティーなどとは格が違います。

 

実際、私もリッチブレンドとこちらのカプセルは切らさないようにしているのですが、ドルチェグストならば、さらに高みを狙えるんじゃないかと期待してしまうんですよね。短所として挙げられるのは香りの薄さですが、これがもっと強く香ってくれたら、一気にトップ3にも入れそうです。

ネスカフェドルチェグストを無料でもらう

 

TOPページに戻る